« 紙おむつ、生理用品等、まだ動きなしか!?日本触媒㈱姫路工場の爆発の影響の予測 | トップページ | 書籍「ちょロジ~ニュースから学ぶ7つの思考法」の紹介 »

2012年11月26日 (月)

食品業界の「1/3ルール」見直しへ

日本の食品業界には、「1/3ルール」という商習慣があります。

すなわち、賞味期限の「1/3」ずつ過ぎると、返品や廃棄されてしまうのです。
例えば、製造日から賞味期限が6ケ月であるとしましょう。製造日が2012年9月1日だとすると、賞味期限が2013年3月1日になります。6ケ月の1/3となる「2ケ月」以内に卸売業者に売れない場合は、まだ賞味期限が残り「2/3の4ケ月間」残っていても、返品や廃棄されてしまいます。
同様に、卸売業者からは、「2/3が経過した」2013年1月1月までに販売されないと、返品や廃棄となってしまいます。
「食品メーカー」  →    「卸売業者」   →   「小売業者」  →  「消費者」
2012年9月1日  2012年11月1日    2013年1月1日 

これは、たいへんに「もったいない」商習慣です。

日経エコロジー12月号や、11月20日放送のテレビ東京「ワールドビジネスサテライト」によれば、10月から農林水産省が、「1/3ルール」の見直しに着手したそうです。

また、伊藤忠食品㈱が「Ecoモッタイナイ.com」(http://tabemart.com/)というWebサイトを立ち上げており、まだ賞味期限が十分に残っている「訳あり食品」を、メーカーと小売業者をマッチングさせる取組を開始しています。

ワールドビジネスサテライトで紹介された、松坂屋デパートの「訳あり商品セール」では、卸売業者への1/3が過ぎた「訳あり商品コーナー」が大人気とのことでした。
賞味期限が2014年になっている食品があり、このような食品が廃棄されることもある
とは、困ったものです。

ビール業界では、「1/3」を「4/9」に緩和する動きが始まっているようですが、賞味期限のあり方そのものや、包装材料の進化による賞味期限期間の長期化を考えていく必要もあると思います。

農林水産省のホーム―ページ(http://www.maff.go.jp/j/fs/f_label/f_processed/limit.html)によれば「賞味期限」は、
「開封していない状態で、表示されている保存方法に従って保存したときに、おいしく食べられる期限を示しています。賞味期限内においしく食べましょう。ただし、賞味期限を過ぎても食べられなくなるとは限りません。」
と記載されています。

似た用語として、「消費期限」は、
「開封していない状態で、表示されている保存方法に従って保存したときに、食べても安全な期限を示しています。消費期限内に食べるようにしましょう。」
と記載されています。

「賞味期限」「消費期限」の意味を考えて、消費者も、やみくもに期限にこだわりすぎないことも重要と思います。

 

« 紙おむつ、生理用品等、まだ動きなしか!?日本触媒㈱姫路工場の爆発の影響の予測 | トップページ | 書籍「ちょロジ~ニュースから学ぶ7つの思考法」の紹介 »

廃棄物・リサイクル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585077/56197302

この記事へのトラックバック一覧です: 食品業界の「1/3ルール」見直しへ:

« 紙おむつ、生理用品等、まだ動きなしか!?日本触媒㈱姫路工場の爆発の影響の予測 | トップページ | 書籍「ちょロジ~ニュースから学ぶ7つの思考法」の紹介 »