« ISO19011:2011(JISQ19011:2012)改訂 | トップページ | 食品業界の「1/3ルール」見直しへ »

2012年10月 3日 (水)

紙おむつ、生理用品等、まだ動きなしか!?日本触媒㈱姫路工場の爆発の影響の予測

9月29日(土)に、日本触媒㈱姫路工場で、爆発事故がありました。
この事故により、同社のアクリル酸及び吸水性樹脂(アクリル酸系ポリマー/高分子化合物)の生産がストップしています。

生産再開には、かなりの時間が必要と思われます。

吸水性樹脂で高いシェアを持つ日本触媒㈱の事故なので、吸水性樹脂を使った製品(紙おむつ、生理用品、尿もれパッド等)への影響が出ると思います。

吸水性樹脂は、生理用品(ナプキン)の分野で、長く使われています。紙おむつの普及・増加に伴い、いまでは吸水性樹脂の使用量は、紙おむつの用途での使用量の方が最も多いと思います。

吸水性樹脂は、赤ちゃん用の紙おむつだけではなく、日本の高齢化社会の到来に伴い、介護用紙おむつ、尿取りパッド等にも使用されています。

テレビのニュースや新聞記事では、同社から吸水性樹脂を購入しているP&G社への影響が報道されています。ほとんどの記事は「紙おむつ」に影響が出るところまでしか書いてありません。日経新聞電子版では、一つだけ、「吸水性樹脂が生理用品に使用されている」旨が記載してある記事があります。

上記の通り、吸水性樹脂が使用されている製品は、「紙おむつ」だけではありません。私の家には、赤ちゃんも老人もいないので、影響が出るのは、妻の「生理用品」です。妻には、「今のうちに、生理用品を多めに買っておくように」と指示?したので、早速買ってきていました。

今日の仕事の帰りに、私は、近所のドラッグストアT、ドラッグストアS、スーパーK、スーパーT、スーパーSを視察してきました。

まだ紙おむつ等が品薄になっている様子はありませんでした。ベテランでよく知っていそうな店員さんを選んで、「突撃?インタビュー」してみました。今日の時点では、「紙おむつ」等が急に売れているという状況にはなっていないようです。

今日の仕事の訪問先は、ソフトウェア開発業でした。今日は、いわゆる“現場”では見るものが少なかったので、消化不良だったのでしょうか!?帰りに小売業の店に寄って、店員インタビューするという「審査員/コンサルタントの職業病」かもしれません。

はてさて、特に日本触媒㈱から多くの吸水性樹脂を購入しているP&G社は、「事業継続計画(BCP)」にこのような事態を想定しているのでしょうか。

事業継続マネジメントシステム(BCMS)のISO規格(ISO22301)が今年の5月に発効しましたが、BCPまでは作成しても、BCMSの認証まで取得する企業は少ないのが現状です。

今後、紙おむつや生理用品、介護用品が品薄になったり、価格が上がるという事態が起こると、私は予想しています。今後、具体的に、どのような影響が出るのか、注目したいと思います。

私の記事を読んで、紙おむつや生理用品が品薄になる、あるいは、価格が上がる前に行動しようと思われる方は、ご検討ください。

マスコミが騒ぎだすと、東日本大震災後のスーパーから水や電池が消え去るといった状況になるかもしれません。皆さん、落ち着いて行動しましょう。

« ISO19011:2011(JISQ19011:2012)改訂 | トップページ | 食品業界の「1/3ルール」見直しへ »

BCP、BCMS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585077/55805428

この記事へのトラックバック一覧です: 紙おむつ、生理用品等、まだ動きなしか!?日本触媒㈱姫路工場の爆発の影響の予測:

« ISO19011:2011(JISQ19011:2012)改訂 | トップページ | 食品業界の「1/3ルール」見直しへ »